【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ない

レーシックは現時点の視力を矯正する治療法であり、矯正された視力の維持までは保証をしていません。
一般的な近視の場合、近視の進行は20代後半で止まると言われていますので、20代後半にレーシックを受けた人はまず視力が戻ること無いと言えます。

 

現在20歳未満の人がレーシックを受けたとしても近視が進行中だった場合には、一時的に視力が矯正されたとしても、元々の視力に戻ってしまうことがあります。
レーシックを考えてる方は、なるべく20代後半に受けるようにしましょう。レーシックによって視力を回復することは可能ですが、生活習慣などによりましては再びレ ーシックを受ける時と同じ視力まで戻ってしまうことがあります。
またはレーシックを受ける時以上に視力が低下してしまうこともあるので注意が必要です。 レーシックは保険対象外となっているので治療を受けるためにはある程度まとまった費用が必要となってきます。
しかし保険が適用されるケースもあるので、まずはレーシックについていろいろと調べてみると良いでしょう。



【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ないブログ:2018/4/21

みなさまおはようございます

今日はなんとなく思った事を書きますね

なんかいろいろ考えることがあって、疲れてしまうことも
あるんだけど。

一番考えてしまったのが、友達が仕事を辞めてしまったこと。

明々後日、久しぶりに水族館に出かけようか?
って話になっているんだけどね。

ずっと悩んでいることに気づかなくて。

頑張り屋さんだから、みんなにも気を使っていたりして、
言い出せないところとかあったんだろうけど、精神的に
凄く疲れてしまったみたい。

今はクレーン運転士とろうと、頑張っているみたい。

知り合いに仄々するって言われて、
やっとゆっくりできるようになったってカンジかな。

13時から、実家に誰もいないから、
アブドフィットをはじめたんだよって笑ってた。

6kg痩せたって言ってたし。

骨盤ネジ締めとか、一緒にって話になってるけど、
なんか前向きな姿を見ていると、頑張らないとねー。

えび天丼も食べに行こうって言ってるし、会った時に
笑顔でいてくれれば、僕的にも嬉しいかな♪

13時から!とかきっちりしてる真面目だから、
余計に疲れちゃうんだろうしね。

部屋にいっても、すごーく綺麗だし、手抜きができない
タイプなんだろーなって凄く思う。

息抜きができないと、人間疲れちゃうからね。

みなさまも、きちんと息抜きはしてくださいね♪


どちらかといえば、僕は見習わなくちゃいけない
とこも多いけどねー。

けっこう・・・マイペースだからねー(笑)

――――――以上を持ちまして今日の報告は終了です。