【レーシック知識】レーシックでのリスクを理解しておこう

レーシックで気を付けなければいけないことはレーシック専門の医師の手術を受けるということです。
レーシック自体は安全なのですが、医師が能力不足だった場合感染症や合併症などのリスクが高まってきてしまいます。

 

まずは豊富な経験や実績のある医師を探すようにしてください。
経験豊富な医師の手によってレーシックを受けた場合には、失明するリスクはほとんど無いと言えます。レーシック手術のリスクについて、一番多く寄せられるのが「失明するリスク」となります。
レーシックは角膜の手術なので眼球内部は触れることは無いので、失明の心配はほとんど無いと言えるでしょう。 時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。



【レーシック知識】レーシックでのリスクを理解しておこうブログ:2018/8/19

痩せられない原因には、
カロリーオーバーや運動不足、ストレス、タバコなど様々あります。

でも、意外と見落としてしまいがちなのが、
肉体に溜まった脂肪を燃焼しやすくしてあげるということ。

多少「食べ過ぎたかな?」と思っても、
脂肪燃焼効率が良ければ、脂肪がつきにくく
痩せやすい肉体だと言えます。

どうすれば痩せやすい肉体になるのかというと…

大切なのが
「肉体を冷やさない」ということです。

肉体を冷やすと血液の循環が悪くなり、
肉体の防衛本能が働いて、
寒さから身を守るために
皮下脂肪を溜め込んでしまいます。

なので、
肉体を冷やさないことは、
皮下脂肪を溜め込まないことにつながるのです。

また、
肉体が冷えると基礎代謝も低くなりますので、
痩せにくい肉体となってしまいます。

では、
肉体を冷やさないためには、
どんな方法があるのでしょうか?

食べ物による食事療法やマッサージなど色々な方法がありますが、
簡単な方法としておススメなのが「温冷浴」です。

シャワーだけの人も最近は多いのですが、
ダイエットする人にとって湯船に浸かる入浴は、
一日の疲れを取るだけでなく、
肉体に溜まった脂肪を燃焼させる意味でも欠かせませんよ。

そこで、より脂肪燃焼効率を高め、
痩せやすい肉体を作るのに威力を発揮するのが、
温めたら冷やす「温冷浴」なのです。

熱いお湯と冷たい水を交互に浴びることで血管が収縮し、
血行が良くなり、自律神経の働きもスムーズになります。

方法はいたって簡単。
最後に冷水で終わるのがポイントです。
是非、日々の入浴に取り入れてみませんか?