【レーシック知識】ドライアイとレーシックの関連性

ドライアイというのは眼の水分が少なくなり眼が乾いてしまう状態のことを言います。
レーシックは角膜を削っていくことになりますが、角膜には眼の水分を調節する神経が沢山あることからレーシック後にドライアイとなってしまうことがあるのです。

 

ドライアイは目薬をさしていくことによって自然に治まる場合が多くなっています。
元々ドライアイの人も適性検査をクリアすることでレーシックを受けることが出来ます。レーシックとドライアイの関連性についての知識をまずはしっかりと理解しておく必要があります。
実際ドライアイの人はレーシックのクリニックでいろいろと相談をしてみるようにしましょう。 最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。



【レーシック知識】ドライアイとレーシックの関連性ブログ:2018/8/11

減量に効く食材というのが
テレビ番組を中心に紹介されたりしますよね。

食材を食べるだけで減量効果があるなら、
これほど楽なことはありません。

特に人気の番組で紹介された食材は、
1日後には売り切れになるというのも、
こうした人間の心理をついているのかもしれません。

減量効果がある食材の中でも、
わたしがお勧めなのは、シジミです。

シジミが減量に効果的といわれているのは、
「オルニチン」という成分が豊富に含まれているためです。

オルニチンというのはアミノ酸の一種で、
筋肉の量を増やす効果があることで知られています。

筋肉を増やすということは、
減量の効率を高める上で、
欠かすことができない条件といえます。

減量を成功させるためには、
消費されるエネルギーの量を高くする必要があります。

そして、わたしたちの肉体の中で
最もエネルギーを多く使うところが筋肉です。

つまり筋肉の量が多くなればなるほど、
エネルギーがより多く消費されることにつながっていくわけです。

そういったわけで、
シジミは減量に効果を発揮する食材といわれているのです。

さらに、
より効率的に減量効果をあげる方法があります。

それは一度シジミを冷凍することです。
シジミは下ごしらえとして、砂抜きをする必要がありますが、
砂抜きをした後に冷凍保存しておきます。

すると、筋肉を増やしてくれるオルニチンが
4倍ほどにも増加するといわれているんですよ!

ですから、
より早く筋肉がつくことが期待できるわけです。

皆様、シジミで
減量を成功させましょう!

―地球滅亡まであと427日―